スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
憲法第9條
 憲法第9條には武力の保持自體を禁止せる物に非ず.
 以下に引用す.
 「第2章 戦争の放棄 第9条[戦争の放棄、軍備及び交戦権の否認] 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 ②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」
   ――三省堂『新六法』2011平成23年版
 斯くなる文にあり.
 國際紛爭を解決する手段としての武力抛棄する事を記せるに過ぎず.又,前項の目的とは國際紛爭で武力に恃まざるを達する爲に戰力保持すまじきにありて,夫れ故國の交戰權に於て武力否認するに繫がる.因りて此の憲法第9條の文に於て最も重要なるは「国際紛争を解決する手段としては」となり.
 武力持つ事を否認するに非ず,國際紛爭を解決する手段としての武力行使を否認するに過ぎず.即ち國際紛爭を解決する手段としての戰力を保持せずして,武力に恃む交戰權を認めざるにあり.此れ國際紛爭を解決する手段としての武力に非ざる物に迄は明確に禁したるに非ず.
 因みに憲法解釋たる物は何如に憲法を運用するかに係る物にあり,憲法其の物に非ざる事を留意願ひたし.

スポンサーサイト
【2014/01/11 17:26】 | 雜記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<近頃 | ホーム | サークルとか同好會とか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://allthingschange.blog102.fc2.com/tb.php/29-6c64bb33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。